北海道の看護師も人手不足

北海道には、600近くもの病院が存在します。この数字は診療所を除いた数字なので、北海道の医療機関の数というのは東京に次ぐ数となっています。北海道は土地が広いので、これだけ病院が存在するのも当然かもしれません。医療機関はそれぞれ規模が異なっていますが、病床数が500以上の病院の多くは、深刻な看護師不足の状況です。全国でもそうですが、北海道でも看護師不足が問題となっています。それによって、北海道の看護師の求人状況はどのようになっているのでしょうか。
特に、北海道の都市部は看護師不足を感じている病院が多く、看護師の求人は比較的見つけやすいと言えます。看護師が不足しているというと、単純に看護師が足りないのだろうと思われると思います。しかし、中には看護師の数が多くいるにもかかわらず、病院の規模が大きくて人手不足となっているケースや、産休に入っている方が重なったことで人手不足となっているケースもあります。また、看護師の資格を取得していても、看護師として働いていない潜在看護師も多くいるのです。近年は、施設など病院以外で看護師として働く方が増えてきていることもあり、ますます病院での人手不足が目立ってきています。看護師が活躍できる場所は広がってきているので、これから更に病院での看護師不足が問題となってくるのかもしれません。医療機関が少ない地方では求人数も少ないですが、医療機関が多い都市部は求人も多くでています。
北海道の看護師の求人は、都市部では比較的容易に見つけられるという状況です。仕事が見つかるだろうかと不安になっている看護師も、それぞれの希望に合った求人が見つけやすくなっています。地域や規模によって求められるスキルも変わってくるため、その点も事前に確認しておくと安心です。
北海道の看護師不足についてもっと詳しく⇒「http://hokkaido-tenshokunavi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です